FileMaker Goの無料相談,フリー

ボタンとスクリプト

ボタンとスクリプトの設定方法

ボタンにはあるイベントを割り当てられる。スクリプトとは台本です。

  1. 名簿テーブルの「フォーム形式」「リスト形式」レイアウトにボタン(スクリプトの実行)を配置して見ましょう。
  2. 「フォーム形式」レイアウトで「メニューバー」→「スクリプト」→「スクリプトの管理」を選択する。左下の「新規」をクリック。
    新規スクリプト
  3. スクリプト名:リスト形式へ
  4. 左のフレームには選べるイベントが並んでいます。ここから「レイアウト切り替え」を選択をし、「移動」ボタンをクリックをし、「指定」→レイアウト→「名簿リスト」を選択。
  5. ついでにもう一つスクリプトを書いておきましょう。
  6. イベントをスクロールさせて、「ウインドウの調整」→「移動」→「指定」を収まるようにサイズ変更を選ぶ。
    スクリプト

スクリプトの確認

  1. スクリプトの編集ウインドウを閉じると保存するか聞いてくるので保存する。
  2. スクリプトの管理画面で「リスト形式へ」のスクリプトを選び、右下の「実行」ボタンをクリック。
  3. どうですか、フォーム形式からリスト形式のレイアウトの移動をし、大きさも調整されましたか。

ボタンにスクリプトの割り当て。

  1. 名簿の「フォーム形式」をレイアウトモードにする。

    ボタン配置

  2. レイアウトツールのボタンツールを選び、適当なところにボタンを配置する。

    ボタン

  3. スクリプト実行を選択。「指定」ボタンクリック。

    スクリプト指定

  4. 先に作成をしたスクリプト「リスト形式へ」を選択、OK。
  5. スタイル→角丸長方形を選択。
  6. □ボタン上でカーソルを手の形にする。にチェック。OK。
  7. ボタンにカーソルが点滅していますので、名前をつけます。→「リストへ」
  8. ブラウズモードにしてから、ボタンをクリックをし、動作の確認をします。

次に、逆方向の「リスト形式」→「フォーム形式」を作成しましょう。

作成後に動作の確認をしておきましょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional